次回開催は平成29年10月1日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2007年12月22日

竹籠+銀杏で120円

等々力地区の内藤さん。かつてはぶどうの出荷用の竹篭づくりの職人。今は思いっきり肩の力を抜いてかつぬま朝市に出店してくれています。
asa2007_1103_092510AA.JPG

さて前回と今回の大目玉は10センチ四方の竹篭に内藤さんが自ら拾ってきた銀杏を盛り込んだもの。竹籠を売るというより銀杏を売るといったあんばい。
asa2007_1103_092516AA.JPG

さあ、そこで黙っていられないのが我らがかつぬま朝市会の小澤氏。「盛り合わせたり」「詰め合わせたり」「つめ放題をさせたり」することがことのほか好きな性格。銀杏を竹籠に盛り込んでいると聞いて、いてもたっても居られなくなってその様子を見に行って、大騒ぎで帰ってきました。
masamitsu1.jpg

「いいのかなあ・・・かごと銀杏大盛りで120円だって、安すぎるよね。マシュマロさんなんか安い安いって騒ぎながら大量に買って行ったよ」

確かに安い。300円?いや、500円って言ったって決しておかしくないし。

というわけで私も悪いかとも思いましたが300円払ってとんでもなく山盛りの銀杏をゲットしました。(足元に置いてある銀杏をいれた箱から極盛り3杯!
asa2007_1202BX.JPG
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: