次回開催は平成29年10月1日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2007年10月16日

三井さんのお砥ぎ話

包丁砥ぎの三井さん
木工屋のお兄さんと朝市を盛り上げてくれています。
IMG_7916_200.JPG

三井さんは大工さんですが、朝市ではこうして包丁を砥いでくれています。だって大工さんは自分の使う刃物は自分で砥ぐのが当たり前。ただ鋸は使い捨てが多くなったので目立てはしないようです。
IMG_7890_200.JPG

最初はお兄さんと木工品を売っていた三井さん「あのさ、俺、次の朝市から包丁砥ぎやるわ」当時は住宅地のど真ん中で朝市をやっていたので「ビンゴ!」いいねえ、やっちゃいましょう。

常連さんがやってきました。これ2本お願いね。それと今日はカンナも持ってきたんだ。はーいカンナでもアンナでも持ってきやがれ!ってんだ。
IMG_7924_200.JPG


まず、刃の具合を確認する。あっ刃とぼれがある。そんな時はこの荒削り用のサンドペーパで刃がまっすぐになるまで削り取ってしまう。
IMG_7892_200.JPG

IMG_7893_200.JPGIMG_7895_200.JPG


刃がまっすぐになったところで回転式の砥石で砥ぐ。砥石は中砥。刃の角度を一定のままに保つ。気を抜いて指を切って朝市を欠席したこともあったっけ。だから気を抜かない。地味な作業だけど根気が必要だ。
IMG_7903_200.JPGIMG_7906_200.JPG

ここまでくればあとはもう少し、回転式の砥石を仕上げ用に変えて砥ぐ。砥ぐ。砥いだ面はつんつるてんだ。
IMG_7912_200.JPG

そして最後の工程、ここは手で砥ぐ、四角い砥石で。ゆっくりと確かめながら。そして最後に今まで砥いでいた面の逆の面を砥いでバリをとる。これで完了。
IMG_7918_200.JPG

ほらこのミニトマトだって触っただけで切れちゃう。
IMG_7921_200.JPG

三井さんの包丁砥ぎ一本500円。
IMG_7923_200.JPG

そんな三井さんの楽天ショップ
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 06:45| Comment(0) | 出店者・店子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: