次回開催は平成29年9月3日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2007年08月19日

石ころペイント〜ハトちゃん〜

人手不足で少しお休みしている“かつぬま朝市石ころペイント”
031.jpg

ひょんなことから東京からおいでのシティバイク乗りの皆さん(というか東京で東京のためのバイクをプロデュースしている皆さんとそのお仲間)に勝沼を案内することになった。
IMG_7043_160.JPG

そこにいたのが絵描きアーティストのハトちゃん。

ハトちゃん曰く「私、数年後に化けます」
と、いうのもあの文豪“五木ひろし”さんじゃなくって“五木寛之”さんとコラボで絵本と作るらしい。スゲー。

ツーリング途中&猛暑の中「この甲州みかげ石に絵を描いて」とお願いしたら快く描いてくれた。猫で〜す。
IMG_7032_160.JPG IMG_7034_160.JPG



どうせじゃツアーの様子も書いちゃいましょうか・・
----------------------
皆さん、alreadyワイナリーツアーを楽しまれたようで。私が合流したのが山小屋でのBBQ、着いたときにはすでにBBQとほうとうの準備が始まっていた。ほうとうマスターはyamaさん。愛情とおもてなしの心と禁句毒舌ワードもしっかりと煮込んで。

肉はさすが東京もの、特にラムはうまかった。スズキの丸焼きやイカの筒焼きなんていう勝沼BBQではありえない変わりネタも。
IMG_7008_160.JPG

突然yamaさん、味噌がたんねえー。bikeで下りました私、約2.5k○下商店まで。して帰りは・・こぎました、真っ暗の中、再び城の平まで。

私が持参した農家の桃のジュースも好評、スズキとクラレーザ、ラムと赤(外国産)。なんといってもほうとう、「うーめえ」「おいしーい」の大合唱。明日の朝のがもっとうまくなる!ってyamaさん、子供のころは朝まで出される余りもののほうとうがイヤでイヤで仕方なかったんじゃないの?

翌日は再び勝沼ツアー・・といっても暑いので前半は車で移動。まずは桃&ぶどう狩り、この時期はどちらもできるからイイネ。
IMG_7017_160.JPG

涼しい農家の座敷で畑のナスやきゅうりとお茶。それに、これからハントする桃のぶどうも登場。「ここで食べるのは全部サービスだよ」甘くてカリカリの桃なんて始めてでしょ。デラは一粒ずつじゃなくてそのまま食らいつく。
IMG_7013_160.JPG IMG_7014_160.JPG

桃狩り、どれをとってもいいっていわれてもねえ。ちょっと気になるお値段も先に聞いておかないと。なんてったって東京じゃメチャ高いから。片手では持てないくらいの桃をいただき。
IMG_7022_160.JPG

ぶどう狩りは河原の畑、種無し巨峰。昨晩骨付きカルビの切断に大活躍したここ勝沼だけの剪定ばさみ。粒がはちきれんばかりの巨峰を切り取った瞬間、ずしりと重みが。
IMG_7025_160.JPG

つづいてトンネルカーブへ
外気の約半分の17度の世界は天国。これからもっともっと勝沼ワインのファンになってちょーだい。
IMG_7040_160.JPG

車からバイクをおろしてここからは風を切るぜい!

---------------------
東京の街を走る
トーキョーバイクはそのネーミングを思いついたときから全てが始まりました。
山を走るのが「マウンテンバイク」なら、東京を走るのが「トーキョーバイク」だと。
東京の街から街へと縦横無尽に、そして乗る人が楽しそうにいきいきと走り回るバイク。そんな姿を私たちは想像しました。

5分走るだけで全く違う景色が展開され、
なぜか迷い込んでしまったような不思議な気分にさせられる街・東京。
それが懐かしかったり、新鮮だったり・・・
子供の頃にした、最初の冒険は誰もが自転車と一緒だったはずです。
知らない道、知らない場所、帰れなくなるのではと不安になる。
でも、初めて見るものに対する好奇心に溢れ、引き返せない。
そんな気持ちを忘れずに、あなたの東京を見つけて欲しい。
そんな想いでトーキョーバイクをつくっています。
http://www.tokyobike.com/
-----------------------------

が彼らのコンセプト

標高550メートルから一気に下る。とっても気持ちよさげに聞こえるけど何しろ本格猛暑。トンネルから一気に柏尾の古戦場へ。勝沼堰堤へ、大善寺をかすめ太郎橋を渡り勝沼氏の館へ、田中銀行で明治&大正ロマンに触れて、駐車場へ。
IMG_7045_160.JPG IMG_7044_160.JPG

最後は彼らほったらかしの湯で汗をたっぷり流しました。


posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: