次回開催は平成29年9月3日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2007年07月18日

竹やぶからのお恵み

お休みに庭の草取りをしてたら「ガサガサ」お隣から音がする。

草をむしりながら顔を上げると私の家のお隣さん料理屋「乃んき」のマスターが座り込んでなにかやっている。怪しげだ。
IMG_6664_256.JPG

近づいてみる。
IMG_6665_256.JPG

茶色い棒のようなものの皮を剥いている。ときおり鋸で切っているようだけどやわらかい様で簡単に切れる。
IMG_6670_256.JPG

細長い真竹の竹の子だ。竹の子って言ったって小学生ぐらいの竹の子。長いのは80センチほどある。こんなのまだ食べられるの?「もう今年はこれで最後だけどなあ」と一本一本皮を剥いている。見る間に透き通った緑の身が現れた。
IMG_6671_256.JPG IMG_6672_256.JPG

実はこの竹の子、朝市会場のすぐ近くの竹やぶからのお恵み。
mp2006_0930DE_256.JPG

手際よく一本ずつこしらえながら「夕飯は7時ごろか?煮えたら持っていってやるよ」

で我が家の食卓に上りました。サンキューマスター。
IMG_6677_256.JPG
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: