次回開催は平成30年8月5日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2007年07月07日

そりゃ、むごいっちゅうもんだわ

通常、朝市といえば売り手と買い手の駆け引きも楽しみのひとつ。

ところが、かつぬま朝市に至ってはその値引き交渉を苦手としている店子さんばかり。「売ったるでえ!」と油ギッシュに燃え滾っているひとは皆無。自分の自慢の品物をまずは知ってもらいたいなあ。私の作った野菜や果物よかったら食べてみて。そんな感じ。

さて7月の朝市、朝市会ブースの真横で出店をした竹細工&竹篭やさんの内藤さん。出店し始めた頃は駆け引きはおろか最初は自分で値段も付けられなかった位。

バイクで朝市に参上する内藤さん、グズグズ天気で雨合羽のズボンを脱ごうか脱ぐまいが思案していたあげく雨合羽のお尻だけをペロンと脱いだ状態でのんびりたたずんでいた。
asa2007_0701EO.JPG

そこに子供を連れた若い奥様ご来店。
asa2007_0701EN.JPG

若奥様「この籠いくら?」
内藤さん「○△00円でいいよ」
(この場合の内藤さんの「〜でいいよ」は商売言葉でなく、いきなり出血ディスカウント!)
若奥様「じゃ2つで□000円だね」
内藤さん「そりゃあ、むごいっちゅうもんだわ(それは酷いよ)」
内藤さんの泣きが出ましたが若奥様無言でお子様にその籠を持たせたり、背負わせたり。

内藤さん、あっけなく観念しちゃってお勘定。
ところが若奥様「あれ?10円20円・・・60円しかないや」内藤さんが泣く泣くokした代金にわずかに満たない。

ここで内藤さん「よわったなあ。じゃそれでいいよ!」
asa2007_0701EP.JPG

若奥様ご満悦で店を離れた後姿に私「よっ買物カリスマ!」と思わず叫んでしまった。
そしてその横で「まったくかなわないよなあ・・」と雨合羽をずり下げたままの内藤さん。
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 23:29| Comment(0) | 出店者・店子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: