次回開催は平成29年12月3日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2007年01月17日

和田町なの花まつり出店レポート その2

さて同行したkosyuかつぬま文化研究所(というかふたみ会のメンバーさんがほとんど)もめざましい交流活動を展開。甲州ほうとうを赤字覚悟で大盤振る舞い。見事に200食を完売。うーん、それでもきっとコスト割れは免れないだろう。出汁にもこだわり、具にもこだわり、精一杯の愛情も込めました。かぼちゃもドロドロ、サトイモもトロトロ、麺もクタ〜、これこそが甲州のてづくりほうとう。どうだ!和田町の皆さんにも大好評。
wada2007_0114CE_160.JPG 

すると今度は「ほうとう+ワイン+甲州ぶどうの3点セット」で販売を始めた。これには和田町の皆さんもノックアウト!かんぱ〜い!&いっただきまあ〜す!
wada2007_0114CF_160.JPG

そして研究所の目玉はなんといってもプロの醸造家hiraさんによるワインセミナー。旧役場の2fの第5会議室で午前と午後の2回、甲州ワインの素晴らしさを初心者にもわかりやすく・・・と思っていたら和田町の皆さん勝沼のワインを嗜んだことも少なくはない。専門的な質問も飛び出し大盛り上がり。
wada2007_0114DM_160.JPG

セミナーでの特筆は甲州ぶどうを甲州ワインと共に食してもらい、醸されるというのはどういうことかを学びます。その際、甲州ぶどうの「種をださない」食べ方を説明するにあたり生産者のakiyamaさんが教壇に立ち、ぶどうを食す際の心構えから、果ては口の中でぶどうの皮と実を押しつぶす舌の角度までアクションを交えてのウンチク。すっっすごい!この人ぶどうの食べ方で30分は語れる・・・ところが今日はワインセミナーなので教壇から優しく引きづりおろされていた。
wada2007_0114DQ_160.JPG
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: