次回開催は平成29年6月4日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2007年01月13日

なの花まつりに出店

ヒョンなことから南房総市和田町の「なの花まつり」に出向くことになった。
私も属するかつぬま文化研究所が仕掛けた事業の一環だ。

実は勝沼町(合併して甲州市となった)と和田町(合併して南房総市になった)はこんんな経緯があって友好町関係を結び交流を深めてきた。
********************************
時は第二次世界大戦、戦地にて通信兵として千葉県の和田町(房総半島の下のほう)から出征した座間青年と勝沼の水上青年が男の約束を交わした。「無事で帰れたらお互いの故郷を結ぶ架け橋になろう」。故座間氏は帰還後に和田町の町長になり戦地の約束を思い出し、水上氏と連絡を取った・・・。程なく2町は友好町として契りをかわす。
********************************

地域交流などにより、勝沼の魅力を再発見し、甲州市のまちづくりに寄与しようとする研究所の事業として「ほうとう」「ワインセミナー」人足として行くつもりであったが急遽かつぬま朝市から物産を販売すること・・とは言っても準備が出来ないのであいあいクラブさんのこんにゃくを委託で販売。

すでに和田町入りをしている先発隊の所要時間をみて、出発は4時に決まった。はやく準備を終わらせて寝ないと。

それにしても、勝沼では1年で一番厳しい寒さを迎え、私の足の中指もしもやけに蝕まれているこの時期に「菜の花」のお祭りとは・・・海パン持って行こうか。
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: