次回開催は平成29年6月4日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2011年07月04日

またひと皮向けました

7月のかつぬま朝市が終わりました。
asa20110703-036_1.JPG

うれしかった。。。この時期出始めの桃を持って桃の農家が何店も自分で出てくれたこと。

数年前までは農家さんが持ってきて店を出すなんて考えられなかったんです。

不思議でしょ。なぜかって?

それが産地ってもんなんです。

勝沼にはしっかりとした果樹(主に桃やぶどう)の販路があるんです。jaの出荷とか組合での出荷とか観光遊覧園での販売とか。

あとはまあ・・言いづらいんですが。産地が故、農家の方がけん制しあって朝市に持ってくることを嫌ったり、朝市で売ることを見栄えがいいもんじゃない、というような風潮もあるんです。

そんなわけで以前は本部が委託で桃を売るシステムをとらざるを得なくって。

かつぬま朝市やってて大変なことってこういうこともあったんです。産地の朝市なんだから地元の果樹がずらーっと並ぶのがあたりまえ、とお客さんは思う、けど、無い、だから取り繕う。

そういうのイヤでした。

だから農家の方たちが自主的に名乗り出てかつぬま朝市に出店する(しかもこの時期は農作業が忙しすぎて販促している余裕がない時に・・)なんてことは数年前のかつぬま朝市にとってミラクルに近いことだったんです。


またひと皮向けました。お後がよろしいようで。。 えっ?桃と掛け合わせてるって。ほんとやめてほしいでしょ、こういうの。まあそれだけうれしかったということで。





posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 06:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: