次回開催は平成29年5月7日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2006年06月09日

ゆっくり、ゆっくりとね

かつぬま朝市が始まった当初は出店者も少なく、出店してくれそうな人を見つけてこちらから「是非、かつぬま朝市に出店してください」とお願いにいったものだ。
asa2004_1107_093350AA1.jpg
というわけで私たちからすれば出店者さんたちは虎の子というか出店者さまさま。だからテントも机も椅子も全部用意してた。ところが出店者さんが増えるに従ってその労力も馬鹿にならなくなってきた。ただでさえ朝市の準備や片付けに手がかかるのに更にテントや机や椅子の準備だ。正直その負担たるや大変なものだった。

そして朝市を始めて2年後、恐る恐る出店者さんにお願いしてみた。「すいません。出来れば自分達でテントを用意していただけませんか」かつぬま朝市から助成もし、30店ほど登録されていた出店者さんのうち4出店者さんがテントを買ってくれた。うれしかった。さらに2年目からは各自椅子を持参してきてもらうようにした。

そして4年目に突入した今年、さらに登録出店者も増えてきた。そこで再び大胆なお願いをした「かつぬま朝市が用意できるテントや机は限りがあり、ボランティアや休憩所やイベントに使わなくてはならない。これからは使用するテントと椅子は各自持ってきてもらいたい」少し前からそれとなく布石は打っておいたが突然の大胆なお願いに皆さん驚かれると思ったら・・・

ほとんどの出店者さんが「そうだよね。いつまでもお世話になっていてはね」と快諾してくれた。テントの助成制度は持続して、さらに机も三井材木さんのお手製を特別プライスでまわしてもらえることになった。

テントと机を持ってきてもらえるようになるまで丸3年。でも少しずつ積み上げてきた仲間意識はそうそう簡単に崩れるものではなくなってきている。これからも信頼関係を築きながらかつぬま朝市を続けていきたい。ゆっくり、ゆっくりとね。
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 21:21| ☔| Comment(0) | ひと言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: