次回開催は平成29年4月2日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2011年04月10日

とは言いたくなかったので

なにかしなければ、なにかしなければ、でも何をしたら。

結局、毎日をしっかり生きることしかないよね・・とは言いたくなかったので。

かつぬま朝市では具体的に何かを実行する人を応援することにしました。


かつぬま朝市被災者支援の支援&応援活動

---
先駆けて、かつぬま朝市では被災者支援の支援基金をつくりました。


4月のかつぬま朝市にて
---
お馴染みの地元ハモニカワサキさんは愛器を募金箱に変えて被災者支援を呼びかけました。あえてかつぬま朝市義捐金ということではなく、個人の活動としてやっていただきました。
→24918円の善意が集り山日YBS厚生文化事業団に届けました。

※かつぬま朝市ではテントを用意し、メンバーの個人的な気持ちを募金にしました。
asa2011_0325GU.JPG

---
地元秋山さん(朝日新聞に定期的にコラム“ちょびちょび随想”を寄稿されている方です)
山梨県に程近い浜岡原発に手紙を書いて「万一、おおきな地震が起きても浜岡原発では絶対に事故が起きないよう万全の対策を取って下さい」と訴えよう!と呼びかけました。

宛先
〒461−8680 名古屋市東区東新町1番地(052−951−8211)
中部電力本社社長 水野 明久様

※かつぬま朝市ではテントを用意しました。私も手紙を書きます。

asa2011_0325EQ.JPG




posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:00| Comment(0) | 被災者支援の支援&応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: