次回開催は平成29年9月3日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2011年04月09日

まああでもいいんです。克服しつつあるんで

かつぬま朝市会場はイベント会場のように焼きそばを焼いたり、コーヒーを販売したりできません。

食品衛生法の山梨県での解釈では「年に2回以上連続性のある」ものは業としてみなされてしまうんです。

もちろんあの朝市会場で調理場の許可なんかとれるわけもなく・・・。

当初、痛手でした。なんたって人に来てもらうには「その場で食べるもの」があるのは極めて有効な武器ですから。

最近、行政側でも「地域活性」やら「地域振興」やら「観光」やらに結び付けてかつぬま朝市を「頑張っている例」として認めてくれている節があるんだけど、その壁、越境してさ、食べ物を司る分野に「かつぬま朝市頑張ってっから、規制緩和してやってケロ」って掛け合ってくれるチャレンジャーなオフィサー登場しないかなあ、。。

まああでもいいんです。克服しつつあるんで

みてこれ
asa2011_0325FS_320.JPG

かつぬま朝市のフードコート


ケータリングのキッチンカーたち、いうなればこの車が移動できる調理場

そこには

富士宮焼きそばのなべ家さん ミニたい焼き屋さん
asa2011_0325BQ1.JPG asa2011_0325BR1.JPG

たこ焼きやさん クレープのサニーズ甲府さん
asa2011_0325BP.JPG asa2011_0325BN.JPG

カレー屋のサンガムさんと餃子のキッチンワールドさん
asa2011_0325BS.JPG asa2011_0325BO.JPG

しっかり合法的。これもあり、でしょ

これで少しずつでも景観に配慮してくださればキッチンカーに抱きついてキスしちゃいます。












posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:00| Comment(0) | ひと言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: