次回開催は平成29年12月3日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2011年01月07日

もうひとつの勝沼の文化として


お正月バージョンのトップページの挿絵。いいでしょ。

syuku001_480.jpg


芸術肌の民宿の主さんから拝借。地元ケーブルテレビ局の文化番組のタイトルバックでも使われてます。


勝沼は甲州街道の宿場町として栄えておりました。とは、言っても有名どころの大名はみ〜んな中仙道を通っちゃうので甲州街道は短めの「したに〜したにっ」がたま〜に通ってたみたい。

koshu-hizakurige.jpg
*“やじろべえさん”と“きたはちさん”がぶどうの売り子に声掛けられて「ぶどうのつゆは吸うのよ、実は食うのよ」とあきれた問答を繰り広げる甲州道中膝栗毛

それでも大正2年に勝沼駅ができるまでは・・・・
eki-1_480.jpg
*中央線はもっと前から通ってたのに勝沼には駅がなかったんですよね。その後住民の要望によって作られた請願駅


甲州の玄関口として栄えました。その後も“しゅく”と呼ばれて東郡(ひがしごおり)の流通の拠点としてにぎやかだったそうです。
syuku03_480.JPG



古き良き勝沼宿、まあその面影はポツンポツンになっちゃったけど


そして今、かつぬま朝市がもうひとつの勝沼の文化として歴史を刻みはじめています。。。なーんて偉そうにすいません。
IMG_03191.jpg


posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: