次回開催は平成29年6月4日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2009年12月21日

騙して実験させちゃうわけなのね

かつて小学校で使われていたような木の椅子4つとレジ袋を抱えて登場は雨宮さん。

勝沼の南端の比較的標高の高いところでワインなんぞ作っているお人です。

そしたらその椅子を交互に並べて。。ほ〜ら本棚ね。
asa2009_1206FC_1.JPG

その横には飲みかけのペットボトルのお茶に立てかけた紙袋。

あれ?何か書いてあるぞ

“ブドウを種から育ててみませんか?”だって
asa2009_1206FB_11.JPG

なに?ぶどうの種売ってるの?甲州ブドウ?
とはワインツーリズムの笹本さん

商品が入っているレジ袋を覗き込めば
asa2009_1206GT_1.JPG


ぶどうの食べかすのようなぐちゃぐちゃから・・
asa2009_1206FB_11.JPG

雨宮さん、甲州ブドウの種をひとつかみ
じゃーん!
asa2009_1206GV_1.JPG

な〜んだただのワインの搾りかすじゃないの??
と、私。




実は雨宮さん、出店前にこんなメールをくれたのでした。
-----------
甲州ブドウの生産が減少しているなか、ブドウの生長を観察していただき、少しでもブドウの生命力の強さを味わってもらいたい。
甲州ブドウに対する意識を僅かでも多くの人に持ってもらえたらと思いです。
これで問題解決にはなりませんが・・・・・・・・・

余談ですが
甲州ブドウの種を育てても、親と同じものは出来上がってきません。
育ったものが甲州とはいえないものが出てくる可能性があります。
遺伝子組み換え技術などで急激に品種改良することも興味がありますが、ゆっくりと簡単に、新しいブドウの系統が出てくるのもまつのもいいのかと思います。

小学生レベルでも出来る大きな仕事です。
---------------

さすが日本一の醸造家だ雨宮さん。子供達も巻き込んでブドウの研究するんだ。と感心ながら先を読むと・・

--------------
ただただ確立論の問題なので、取り組む数が多いほど有効なので。
---------------

な〜んだ皆を騙して実験させちゃうわけなのね。
asa2009_1206FA_320.JPG















posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 21:18| Comment(0) | 出店者・店子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: