次回開催は平成29年4月2日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2009年05月24日

かつぬま朝市と連動してワインツーリズムバス運行します

次回6月7日の朝市に連動してわいんツーリズムバスが運行します。
これは11月に開催するワインツーリズムに向けての試験運行です。
IMG_39331.jpg IMG_39321.jpg

去年までは「ワインツーリズム」とか「フットパス」という言葉はかなり馴染みが薄かったんですが、少しずつ浸透してきましたね。
RIMG0101_160.JPG IMG_1537_256.JPG

まず言葉の説明が必要だったのでちょこっと大変でした。

ここへ来てエコブームや健康指向、安心安全、国内産を見直す傾向の中で私たちが勧めているワインツーリズムやフットパスが皆さんの関心に値する手ごたえを感じています。かつぬま朝市自体もそれにあたりますね。
asa2009_0201AB.JPG

さてさて。実は5月の朝市でも運行しちゃっていたワインツーリズムバス。試験的な運行いうことであんまり周知はしていなかったんですね。

それでも多くの皆さんにご利用していただきうれしく思います。

勝沼といえばブドウとワインの里、飲酒運転はxxですから交通手段は充実してしかるべきなんですが、そこはそれ勝沼、田舎ですから。市営のバスがちょろちょろってまわっているだけ。

あとはタクシーでしょうか。

最近ではそれを補うべく徒歩で勝沼地域を歩く方も格段に増えましたが(フットパスの影響もありますね)やっぱちょっとお洒落にコツコツと歩く方にはつらいものがありますね。そこで2次交通(現地に着いてからの交通)をご用意するわけです。行政だよりでお金のない甲州市に公共の交通を充実しろ、といっても無理ですからね。まあやりかたによっては可能かな?

でもでも歩く覚悟はしてきてくださいね。今回運行するバスは大型とはいえたった2台ですから。それに勝沼というブドウとワインの産地としての魅力は歩いてみないとはっきり言ってわかりませんから。

一言でいいます、歩いたもん勝ち、地元民と仲良くなったもん勝ちです。かつぬま朝市にくる両方同時に味わえます。

さあワインツーリズムバスの更なる詳細はこちらのサイト(ブログはこちら)で探ってください。ほかワイン好きにはたまらない着地型のツアーも企画していますよ。代表の笹本さんも気合が入っています。

すいません、必ずしも、勝沼ぶどう郷駅に到着する列車には連動していません。私たちの時刻表で運行しますことをお許しください。
pictWT200803.jpg

**********************

■日時: 2009年6月7日(日) (勝沼ぶどう郷駅 始発9:00 終着17:30)

■ルート:   「勝沼ぶどう郷駅」→「宮光園エリア(かつぬま朝市会場)」→「下岩崎エリア」→「藤井エリア」→「等々力エリア」→「ぶどうの丘エリア」→「勝沼ぶどう郷駅」
       ※30分間隔の循環。

■利用料:  700円(一日利用パスポート) 中高生は300円、小学生以下は無料。


■販売窓口: 当日「勝沼ぶどう郷駅」と「かつぬま朝市会場」

■ガイドツアー: 午前と午後に実施予定。当日、チケット販売窓口にて受付。(午後は無理かも?by高安)

■その他:
・勝沼にはお食事と宿泊の用意が、いわゆる観光地のように充実しているわけではありません。
・コンビニもほとんどありません。だからこそ自然な姿、日常的な生業の残された、魅力的な地域とも言えます。「お弁当」でも用意し、歩きやすい格好でドンコウでお越しください。
・飲み放題のイベントではございません。気に入ったワインは是非ご購入いただいて、食卓でも楽しんでください。
その一本が、地域を育てます。
************************
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 15:36| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: