次回開催は平成30年12月2日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2009年05月12日

朝市的コントラスト

いったいこのコントラストはなんなんだろう。
こんなシーンはかつぬま朝市でしか見ることはできないんじゃないかと。
asa2009_0503FY_320.JPG

朝市にいらしたお客様カップル。黒を基調の井出達にカウボーイハット。うわっかっちょいい。女性もやはり黒を基調に決まってるし。

一方、勝沼は等々力地区代表の竹籠職人の内藤さん。自作と言いたいところだけど安さに負けて100円ショップで買ってしまった竹の帽子に自作の背負籠。パステルカラーイエローのブルゾン。

明らかに趣が違う男性お二人、しっかり目と目を見つめあい。一体どんな会話をされていたんだろう。

内藤さんに聞いてみたら・・・

「覚えてないなあ」だって。
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:01| Comment(2) | 出店者・店子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログを拝見して驚きました。
みなれた顔がうつっていましたので。

帽子好きのだんなさんは、内藤さんが被られている帽子をとてもほしがっていました。編み方が、売られていた籠とは違っていると思っていましたが、まさか100円だったとは!
Posted by なんとも at 2009年05月15日 17:51
なんともさま。このたびは朝市ならびにワインセミナーにお出でいただき誠にありがとうございました。お二人と内藤さんが談笑しているのを目撃しまして思わず吸い込まれるようにシャッターを押してしまったんです。私内藤さんのこだわりの無さがすきなんです。職人たるもの云々、なんて一言も言わず「100円ショップって安いねえ、この竹の帽子が100円だよ」なんて。そこがまた魅力なんです。なんともさん、また是非かつぬま朝市にいらしてくださいね。
Posted by かつぬま朝市ウエブマスター at 2009年05月15日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: