次回開催は平成29年11月5日(日)メインページはこちら。開催情報はこちらから

2008年11月07日

歴史を刻みます

明日日本一のワイン祭りが開かれる。
SN3E0615_256.JPG

勝沼といえば言わずもがな日本一のブドウの産地であり、ワインの産地でもある。

勝沼にはぶどう祭りというお祭りがある。ステージでは時代のヒーローが仮面をかぶり悪者を退治する。子供たちは夢中だ。夜になると予算に応じた芸能人が歌い、踊る。

会場ではブドウやワインが振舞われ、あちらこちらでドンチャン騒ぎだ。とても活気があって楽しいお祭り。とってもお祭りらしいお祭り。私も大好きだ。

さて、明日開催のワインツーリズム2008。ぶどう祭りがひとつの会場に全ての楽しい要素を取り入れた祭りであるなら。こちらは勝沼のというフィールド全体を会場とした分散型の祭りだ。

勝沼と言うワインの産地の日常をそのままに五感を使って巡ってもらうという参加者が主役の日本一の産地である勝沼でしかできないお祭りである。

手助けに私たちはバスを巡回させ、拠点と拠点はピストンで結び。手づくりガイドマップを渡すだけ。

あとは参加者の自由である。お好きな時間にお好きなところへ行ってください。多くのワイナリーを訪れてください。ぶどうやワインといった産業を育んだ勝沼の歴史や文化に触れていただく。

ただそれだけのお祭り。

それだけではつまらない、ということになった。せっかく来てもらうならおもてなしをしたい。

このイベントを企画したソフトツーリズムの面々、ワイナリーからの若手、勝沼の文化を掘り起こし再発見するnpoかつぬま文化研究所、そしてワイン好きの住民、そしてかつぬま朝市。

沸々と「それだけ」のお祭りに息吹を吹き込んでいった。

そして、明日開催されるこの祭りは、自分たちで創り上げた、どこにもない、誰にも真似できない、本当に日本一のワイン祭りになるはず。
SN3E0407_256.JPG

SN3E0503_256.JPG

SN3E0566_256.JPG

SN3E0567_256.JPG

SN3E0573_256.JPG

SN3E0577_256.JPG

SN3E0579_256.JPG

SN3E0602_256.jpg

SN3E0606_256.JPG

SN3E0607_256.JPG

SN3E0613_256.JPG

明日は歴史を刻みます。
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 21:34| Comment(1) | ひと言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
共に歴史を刻みましょう!

この出会い、私は本当に幸せだと思っています。
掛け替えのない仲間に出会えたと思っています。

そして明日は、たくさんの笑顔に出会いたい。

能動の世界があることを示しましょう。

笹本 貴之
Posted by 笹本 貴之 at 2008年11月07日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: