次回開催は12月1日(日)甲州市役所前塩むすびにて メインページはこちら。開催情報はこちらから

2016年01月06日

おまたTさん 救護班


5年前、かつぬま朝市は大きな危機に直面していました。


サポーターズの皆さんの声を紹介します。

取材=山口ゆうこさん(シャトルくんチケット販売お姉さん)
----

救護班



おまたTさん
asa20151206-024_1.JPG


はじめたきっかけ
フットパスやワインツーリズムで救護をさせてもらっていたことから、朝市でもいてほしいと声をかけられ、何かあったときのためのお守りがわりとして、できるだけいるようにしている。

大変なこと
自分で手に負えない人がいたら困る。先日使おうとしたら、血圧計が動かなかったということもあり、どこまで道具など準備すればいいか心配。


うれしいこと・やりがい・楽しいこと
何かあったときに頼りにしてもらえる。

朝市に感じること
勝沼の活性化になっていて、出店者も来場者も楽しんでいる。
自分も来ていて楽しいし、「今月も元気でよかった」と一回りして声をかけるコミュニケーションの場になっている。

取材 10月4日(日)
posted by かつぬま朝市ウェブマスター at 22:00| Comment(0) | 朝市サポーターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする